Menu

保育理念・方針

Home

教育目標

教育方針

本園は幼児期が人間形成の基礎を培う時期であることを考慮して、幼児が社会生活に適応し幸福に生きることのできる能力の基礎を身につけることと、世界の進展に寄与する人間としての姿勢をも身につけるよう、幼児期の特性をふまえ、環境を通して教育することに努める。

教育目標

1.心身共に健康で明るく元気な子ども

2.あそびや仕事に集中して取り組む子ども

3.善悪の判断ができ、友達を大切にする子ども

4.社会や自然に対し関心を持ち、創造力のある子ども

教育内容

1.教育環境の充実

教育環境の整備の充実と環境衛生の施設設備に留意いたします。

2.異年齢児との交流

クラス編成は年齢別ですが異年齢児との交流を多く持っています。

3.集団徒歩通園

幼児が交通安全の意識や体力・忍耐力を身につけることを目的として、集団徒歩通園を行っております。

4.基礎体力の向上

毎朝のはだか体操・乾布摩擦・マラソン。
その他種々の運動あそびを通して基礎体力の向上をめざしています。

5.自然とのふれあい

太陽や土・水や動植物に直接ふれる経験や活動を大切にし、身近な自然に興味や関心を持ち、生命を尊重する心を育てています。

6.人の話を聞く

人の話を注意して聞き、話の内容を理解して、楽しんで聞くことができるように、童話の読み聞かせや、素話を多くとりいれています。

7.創造力と表現力を高める

いろいろな素材や教具にふれ、試したり作ったりする活動を大切にし、子供の創造力や表現力を高める活動を多くとりいれています。

8.楽しい行事が多い

楽しい行事の多い幼稚園です。
それらの行事の一つひとつを経験することにより健全な心身と豊かな情操が育ちます。

9.手作り弁当

お弁当はお母さんの手づくり弁当で、親子のつながりと健康な心身が育ちます。

10.教えるものは、まず学べ

保育者は園内外の教育研究・研修会に参加し研鑽に励んでおります。

ページトップヘ